薄毛の原因となる5αリダクターゼと後発治療薬

薄毛の原因にも色々ありますが、若いうちから頭髪が薄くなる男性型脱毛症は、DHTが最大の要因と考えられています。DHTは男性ホルモン(テストステロン)が、5αリダクターゼという酵素の働きで変換されてできた物質です。ですから男性の薄毛を予防するには、5αリダクターゼの働きを抑えればよいことになります。
5αリダクターゼには1型と2型があり、1型は皮脂腺に多く2型は毛乳頭に多いとされています。このうち2型のほうが、薄毛に大きく影響しているというデータが出ています。ただし1型も関係があることには違いありません。男性型脱毛症の治療薬として有名なフィナステリドは、2型の5αリダクターゼを阻害する薬です。皮膚科でAGAの診療を受けると、多くの場合にはこの薬が処方されます。
後発医薬品の中には、1型の5αリダクターゼにも効果を発揮する薬があります。ただし多くの副作用も報告されていて、まだ必ずしも一般的とは言えません。このほかノコギリヤシや亜鉛なども5αリダクターゼを抑えると言われており、これらを使ったサプリメントも販売されています。ただしサプリメントはあくまで食品なので、医薬品と同等の効果を期待することはできません。
フィナステリドは特許が切れていないため、従来は特許権が及ばないインドでのみジェネリックが製造されていました。しかし2015年、日本でも正式に認可された後発医薬品が生産されるようになりました。現在のところ、価格は後発医薬品にしては高く、先発薬と大きな差はありません。しかし個人輸入では偽物や粗悪品のリスクがあるため、医師の処方を受けて、安心できる日本製のジェネリックを選ぶのも一つの方法です。